歯列矯正の方法と費用を比べてみる

健康であるために歯列矯正は必要

表側ブランケットの特徴

表側ブランケットのメリットとして、細かい単位で歯の位置を決めることができるということです。
それは、歯の一つずつにブランケットを装着するため、細かい調整ができるようになるのです。
一方、デメリットとしては、表側にブランケットを装着するため、口を開けたときに目立ってしまう、ということです。

表側ブランケットの費用としては、60万円から120万円となっています。
表側ブランケットには、いくつか種類があり、費用もそれによって変わってきます。
一番安価な表側ブランケットとしては、金属ブランケットがあります。
金属ブランケットの特徴として、表側に装着するブランケットが金属製で、とても丈夫です。
ただ、銀色であるため、とても目立ってしまうというデメリットがあります。

表側ブランケットの種類

表側ブランケットは金属ブランケットの他に、審美ブランケットとセルフライゲーションブランケットがあります。

審美ブランケットとは、透明などの目立ちにくいブランケットを使用することで、金属ブランケットよりも装着が見えにくいのが特徴です。
ただ、費用は金蔵ブランケットよりは高額になります。
また、表側に装着するので、全く見えないというわけではありません。
セルフライゲーションブランケットは、新しいタイプのブランケットで、特徴としては金属ブランケットなどよりもブランケットとワイヤーの摩擦が少ないため、痛みが少ないことと、病院に行く回数が少なくて済むことです。
ただ、他の表側ブランケットよりも高額になってしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る